スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッシング比較サイトをご紹介

キャッシング審査α比較はインターネットで申し込み可能なキャッシングの情報を提供する
ポータルサイトです。
キャッシング比較件数は国内最大級の58商品を掲載!
あなたの目的に合ったプランを見つけてください。

キャッシング
スポンサーサイト

ローンとキャッシングの違い

私は、ローンだってキャッシングの一種だと思っています。
一括で買えないから、「ローン」という言葉を借りた「キャッシング」をしているだけです。

「何を言ってるんだ!ローンとキャッシングは違うだろう!」という人も多々いらっしゃるでしょう。
確かに、厳密に言えば違います。

車や家のローンの場合、実際に「車」や「家」といった物が手元に残ります。
そして、その手元に残った物を売れば、いつでもある程度まとまった現金を得ることが出来ます。
キャッシングは、単に未来の自分からの前借なため、得るものはありません。




ローンとキャッシングは同じ?

上記で説明したように、ローンとキャッシングは厳密に言えば意味は異なります。
しかし、それでも広い意味ではやはり「ローン = キャッシング」なんじゃないかとも思うのです。

例えば、200万円の車を買おうとしたとします。
そして、持っているお金は100万円とします。
これでは単純に100万円足りません。

なので、100万円を頭金として、残りの100万円はローンを組みます。
これがいわゆる普通の購入の仕方ですよね。

でも、考えてみてください。
一括で払うことにこだわり、残りの100万円をキャッシングで補い、一括で車屋に支払った場合はどうなるのでしょうか?
同じ「100万円」という負債を抱えるのに、前者は「ローン」ということで、誰に隠すことなく堂々と人に話せるでしょう。
しかし、後者は「キャッシング」となってしまい、なんだか後ろめたさを感じてしまう人が多いはず。

つまり、ローンとキャッシングなんてその程度の差だということです。
アプローチの方法を変えただけで、ローンがキャッシングに変わってしまうのです。
ローンが恥だと思われないのは、国民の購買意欲が下がらないようにイメージ操作されているだけであって、物を買うために金を借りてる、という事実は同じなんです。

キャッシングだって、「なんらかの投資」「その時の生活」「その場の安心感」などを購入しているのです。
ただ、たまたま買った物が目に見えない物なだけ。

そう考えれば、少しは後ろめたさ・辛さが和らぎません?
辛い時は、こんな感じで自分を励まし、体調を崩したり、必要以上に暗く落ち込んだりはしないようにしてください。
マイナスな思考からはマイナスな結果しか生まれません。

たとえキャッシングで苦しんでいても、「自分はもう駄目だ・・・」「どうしようもない・・・」などと非難・卑下せず、「今はしょうがない。後々しっかりと返していけばいい。そこからまた頑張ろう!」という前向きな気持ちを忘れないでください!

テーマ : ローン・キャッシング情報
ジャンル : ファイナンス

キャッシングで苦しまない為に心掛けること

キャッシングと上手く付き合い、無駄に悩まされることがないようにするには、いくつか心掛けるべきことがあります。
これを怠り、ただ漫然と借入をしていけば、かなりの確率でキャッシングに苦しめられることになりますので、是非とも気をつけるようにしてください。




金利の高いところには手を出さない

他のページでも書いていますが、金利の高いところには手を出さない。
やはりこれが一番重要です。

金利というのは、1円でも安くするに越したことはありません。
本来払う必要のない、何も生み出さないお金なのです。

金利は、必ず詳細に明示されているものですので、それをしっかりと確認し、0.1%でも金利が低いところを選ぶようにしましょう。




借入件数をなるべく増やさない

借入件数が増えるということは、それだけ借入できる総額も増えていくことが多いです。
ということは、必然的に借入総額も増えていくわけです。
それに、「いざとなればあそこからも借りれる」などという甘えを持ってしまったりして、無駄にキャッシングを重ねる原因にもなってしまいます。

さらには、いざ金利の低いところへ一本化・借り換えをしようとした時でも、他社借入が多いとなかなか審査に通りません。
自ら首を絞める結果となってしまうのです。

借入件数の多さは、いろいろな面でデメリットが生じるだけですので、なるべく借りるのは2,3社くらいに抑えておくのが理想的です。




間違った認識に負けない

キャッシングは、長いこと続けていると「ある錯覚」に陥ることが多々あります。
それは、「借入可能額 = 貯金」と思い込んでしまうことです。

長くキャッシングをした人ならば、誰でもこういう錯覚を味わったことがあるはずです。
私もキャッシングを体験したことはありますが、この感覚を持っていたことがありました。

しかし、この間違った認識をしている以上、キャッシングはなかなか減りません。
借入可能額はあくまで借入可能額であって、それ以上でも以下でもないのです。

ただ、この錯覚はなかなか消えません。
本当に手ごわいです。
私も経験したことですので、この錯覚がどれだけ厄介な存在かは充分に知っているつもりです。

そして、この錯覚はキャッシングがある間は絶対に消えません。
なので、消そうとするのはやめてください。
無駄な努力に終わります。

消そうとするのではなく、無理矢理抑え込むしかないのです。
この錯覚を消しさる為の唯一の方法、それは、実際に本当の貯金を作ることです。
これをすると、驚くほどあっさりと解決します。

なので、「完済し終わった後もこの錯覚に怯えなければいけないのか・・・」という不安は無用です。
貯金さえできてしまえば、いつの間にやら消えているはずです。




ヤミ金・違反業者からは借りない

いかなる場合でもヤミ金・違反業者からは借りてはいけません。

これは基本中の基本ですね。
当たり前すぎて、書こうかどうか迷ったくらいです。
しかし、万が一のことも考えて一応書いておきます。

借入件数や借入額が多くなってくると、まともなところでは借りられなくなってしまう。
仕方なく、ヤミ金融や無免許の違反業者などからお金を工面しようとする。

これは、何があってもやってはいけない手段です。
これをやるくらいなら、弁護士に高い報酬払って債務整理してもらう方が遥かに良いです。

ヤミ金融などから借りなければならないという状況は、人間の体で言えば「植物状態」と一緒なんですよ。
もう回復(=経済的回復・完済)の見込みがないのに、ただ延命の為だけにその場その場で必要な養分(=キャッシング)をかろうじて送り込んでいるだけなんです。

こんなの虚しいだけですよね?
何も解決できないし、何も生み出しませんよね?

それならば、早めに違う方法を模索すべきです。
何があろうと、こういった業者に手を出すのは避けましょう。
以上のことを守り、あとは必要以上の贅沢をせず、きっちりと仕事をしていれば、おのずとキャッシングとは上手く付き合えているはずです。




利用できる法律があれば利用する

お金が足りないからといって、選択肢はキャッシングだけではありません。
キャッシングを利用しなくても、何か法律でお金の面を回避できるなら、法律を利用したほうがいいでしょう。

もし、慢性的な経済的危機(低所得や長期入院など)にあり、節約してもお金が足りない状況であるならば、キャッシングではなく生活保護を検討してみてください。
ほかにも代表的なものを挙げると、急なリストラなどにあってしまったのなら失業手当を利用したり、現時点で借金に困っているのなら、任意整理や過払い請求を利用することで借金の負担を軽減させることが出来ます。

もちろん、このような法律を受けるには、ある一定の条件を満たす必要がありますが、条件を満たしているなら利用すべきです。
他にも、当サイトではいくつか法律に関しても、紹介していますので、是非参考にしてください。

テーマ : ローン・キャッシング情報
ジャンル : ファイナンス

計画性のないキャッシングは失敗する

「キャッシングはしない方がよい。」
こんな奇麗事だけで世の中渡っていけるなら、誰も苦労はないでしょう。
分かってはいても、それでも手を出さざるを得ないことだってあります。

そもそも、きちんと返せる算段を立てた後ならば、借りることはそんなに悪な行動ではありません。
決して駄目人間などではないのです。
駄目なのは、返す算段が立たないまま、無計画なキャッシングをしてしまうことです。

計画性を持たずにしてしまうキャッシングは、なんらかの失敗を伴うことが多いです。
無計画にお金を借りてしまった場合、その代償として何かを失ってしまうことが非常に多いです。




返済計画を立ててからキャッシングを利用する

どうしてもキャッシングしなければならないとしたら、
「今借りたお金は、来月の給料と再来月のボーナスで完全に返せるな」
「ちょっと長引くけど、毎月2万円は確実に返済に回せるから、これ以上借りなければ完済は楽勝だ」

こんな感じで、常に『きちんと返せる』という算段を立てておかなければなりません。
自分のキャパシティ(許容範囲)を越えるようなキャッシングは、未来の自分を確実に苦しめることになります。

本来、キャッシングというのはその場を切り抜ける為・楽しく快適に過ごす為にするもの。
なのに、結果的に自分を苦しめてしまっては意味がないですよね?

あくまでキャッシングは未来の自分からの前借なので、多少は未来の自分にダメージがいくのは仕方ないですが、苦しむレベルにまでもっていってしまうのは愚の骨頂。

決してそうならないよう、自分の返済能力をしっかりと把握しておくことが大事です。




無計画なキャッシングを続けると・・・

未来の自分を苦しめる最終形とも言えるのが、自転車操業状態。
無計画なキャッシングを続けると、高確率でこの状態へ陥ります。

自転車操業とは、簡単に言ってしまうと、キャッシングを返すためにキャッシングをするという行為が慢性的に続いている状態のことを指します。

こうなってしまうともう終わり。
何も手を打たないままでいると、キャッシングはただただ膨れ上がっていくだけ。

抜け出せるとしたら、劇的に給料が上がるか、宝くじのようなもので一気に大金を手にするかくらいしかないでしょう。
しかし、考えたらわかるとおりそんなことは日常起こりません。
つまり、こうなった時点でそのキャッシングレースはもう終了なのです。

問題は、いざそうなってしまった時にどこで手仕舞いにするか。
多くの人は、「まだ返せるかも」という甘い考えを持ち続け、ズルズルとこの状態を引きずってしまいます。
しかし、それがより一層傷口を広げることになってしまうのです。

この状態になってしまったら、一刻も早く弁護士などに相談に行くべきです。
世間体を気にしたり恥ずかしがったりしてる場合ではありません。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ということわざがあるように、キャッシングの世界でも似たようなことが言えるのです。
しかもキャッシングの場合は、相談しないままだと「恥」だけでは終わりませんから・・・・

こういった状態に陥らないよう、キャッシングするならば計画性をもって、自分の返済能力をきっちりと把握しつつするようにしましょう。

テーマ : ローン・キャッシング情報
ジャンル : ファイナンス

キャッシングによるメリット・デメリット

キャッシングをすることにより、どのようなメリット・デメリットが生じるのか?

「え?キャッシングすることでメリットなんかあるの?」

当然です。
それはもちろん存在します。
メリットがあるからこそ、デメリットだらけの「キャッシング」というアイテムに手を出すんですから。

どんなメリットなのかは、逆に当たり前すぎて気付かないことかもしれません。




キャッシングによるメリット

まず、キャッシングをするということは、キャッシングをすることによって救われることがあるということですよね?
この時点で大きなメリットを得ています。

それで乗り切れる問題ならば、そこは普通に利用すべき。
もちろん、返済のアテがあるということが大前提ですが。

返済できないキャッシングは、決して報われることはないので手を出さない。
これは基本中の基本。
そのような場合は、違う手段で代替するしかありません。

もう一つのメリットは、「商品を先取りできる」ということ。
いわゆる「ローン」というやつですね。

家や車などの高額な物は、一括で購入するのはなかなか難しい。
ならば、キャッシングしてでも買ってしまおうというのが「ローン」というもの。
月々いくらずつ払っていくので、この商品を売ってください、というわけです。

どうせ使うものなら、早めに手に入る方がいいに決まってます。
こうして生活を豊かにしてくれることが、キャッシングの最大のメリットでしょう。

せっかく生きてるんですから、できるだけ楽しまなきゃ損。
最終的には払うのだから全く問題なしです。




キャッシングによるデメリット

これまでメリットについて説明して来ましたが、やはりデメリットもしっかりと存在することも否めない事実。
キャッシングは、しないで済む状態にあるのが一番ベストなんですから。

デメリットの代表格は、やはり金利でしょう。

普通のキャッシングにしてもローンにしても、これらにはすべて金利がつきます。
充分なお金があれば払う必要のないモノ、それが金利。
何も生み出すことのない、自分にとってなんの身にもならない無駄な支払いです。

このへんは、自分の中でどれを最優先にするかによって変わってきますね。

多少無駄なお金を払ってでも、豊かな楽しい人生を送りたい。
多少我慢をしてでも、無駄なお金は払いたくない。

どちらが正しいわけでもありませんが、無駄に払ってもやっていけるという計画性もなく、豊かな生活を求めることは絶対に駄目です。
それだけは避けましょう。

他のデメリットとしては、プレッシャーとの戦いというのもあります。

キャッシングをすると、その時点から体調を崩したりして倒れることができなくなります。
支払いを完了させるまでは、しっかりと働き返済をしていかなければならないのです。

借りたお金が返せなければ、家族などに嫌な思いをさせることもあるかもしれません。
また、職場で辛い思いをすることもあるかもしれません。
ローンの支払いが滞れば、せっかく手に入れた家や車を手放すハメになるかもしれません。

そんなプレッシャーに耐えなければいけないことも、結構大きなデメリットでしょう。
これらのメリット・デメリットを踏まえ、よく考えて皆さんが良いと思われる選択をしてください。




キャッシングの扱いには注意

キャッシングは『ピストル』のようなものです。

ピストルは、正しく使えば身を守る道具にもなるし、平和のための抑止力にもなる。
しかし、一歩間違えば単なる人殺しの道具とも化すのです。

キャッシングも同様です。
利用の仕方さえ間違わなければ、身を守ってくれるものだし、自分の生活を便利に・豊かにしてくれます。
しかし、付き合い方を間違えると、破滅へと導かれます。

くれぐれも、扱いには注意してください。

テーマ : ローン・キャッシング情報
ジャンル : ファイナンス

初めてのキャッシング

初めてキャッシングを利用する人は誰でも不安なものです。

キャッシングに限らず、入学、留学、一人暮らし、就職、海外旅行、など何でも初めて体験するものには不安があったと思います。
キャッシングも同じで体験がなくよく分からないだけに何かと不安に感じてしまいます。

しかし、生活をしているとどうしてもお金が足りなくなってしまうことがあります。
やはりどこかから借りる必要が出てきます。

実際にお金を借りるとしたら「家族や友人からお金を借りる」「キャッシング会社から借りる」のどちらかだと思います。
まずこの2つについて説明したいと思います。




家族や友人からお金を借りる

ちょっと足りないとき、こんな時は、家族や友達が貸してくれることもあると思います。
貸してくれる人がいるなら、その人にお願いしてみても良いかもしれません。

1万円くらいなら貸してくれる人もいるでしょう。

5万円、10万円となればどうでしょう?
誰にでも頼める金額ではないと思います。

もし貸してくれる人がいるのであれば、あなたはラッキーです。
あなたのことを本当に信頼してくれている人がいるということなのです。
一生付き合える友人かもしれません。

ただお金とは怖いもので、金額が大きかったり頻繁に繰り返してしまうと、人間関係まで壊してしまうのです。
そして、一度失った人間関係は返ってきません。

依頼をして貸してくれなかったとしても、それだけで人間関係に何らかの影響を及ぼす場合もあります。
「お金を受け取っていないのに」です。
依頼をして断られている時点で、それだけ信頼性が落ちているということなのです。

お金とは怖いもので、人それぞれ色んな価値観がありますが、お金に関しては皆敏感になりがちなのです。

政治家だってそうですよね。
きっと初めは「この国を良くしたい!日本を変えて見せる!」とかそういう強い気持ちは持っていると思うのですが「お金」が人格を変えてしまうのです。

もちろん一部の政治家だけですが。。。
一応、訂正しておきます。

お金は後で一生懸命仕事して節約して貯めることは出来ても、人間関係は一度壊れてしまったら修復がかなり困難になります。
修復不可能と言ったほうが良いかもしれません。

お金よりも大切な家族や友人を失ってはあなたも後悔するでしょう。
借金があるうちは一時的に後悔する余裕すらなかったとしても、いずれ後悔することになるでしょう。

そういうことにならないように、大切な家族や友人からお金を借りる場合は相手のこともしっかりと考えましょう。

「お金が出来たら返す」というのは貸し手側にとっては不安に感じるものです。
借りる前に後々トラブルにならないように、いつまでに返すというのをはっきりと決めておきましょう。

キャッシング

テーマ : ローン・キャッシング情報
ジャンル : ファイナンス

キャッシングについて

以前に比べ、身近な存在になってきたキャッシング。
駅前では店舗や無人契約機、またテレビではCMで当たり前のように目にするようになってきました。

審査の簡易さや、融資までのスピード、また来店不要でも借りれるところが多いですし、給料日前などちょっと足りないというときにも、申し込んでから当日中にお金を受け取れるので大変便利です。
でも、そんな便利なキャッシングも、使い方を誤ると自分自身を苦しめる存在へと変わってしまいます。

ここでは、キャッシングについての基礎知識を紹介しております。
キャッシングで失敗しないためにも、キャッシングについてよく理解した上で利用するようにしましょう。

テーマ : ローン・キャッシング情報
ジャンル : ファイナンス

学生ローン

学生専用キャッシング・キャンパスローンです。
18歳以上(もしくは20歳以上)の大学生、短大生、専門学校生の方のみ申込が可能です。
※高校生は、お申込頂けません。

テーマ : ローン・キャッシング情報
ジャンル : ファイナンス

レディースローン

問合せの対応なども全て女性が行ってくれるという、女性にとっては何とも安心なサービスです。
女性専用のローンですので、男性は申し込むことが出来ません。

テーマ : ローン・キャッシング情報
ジャンル : ファイナンス

大口ローン

限度額の高いキャッシング・ローンです。
まとまったお金が必要になった場合は低金利の大口ローンが適しています。

テーマ : ローン・キャッシング情報
ジャンル : ファイナンス

プロフィール

キャッシングマイスター

Author:キャッシングマイスター
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。