FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計画性のないキャッシングは失敗する

「キャッシングはしない方がよい。」
こんな奇麗事だけで世の中渡っていけるなら、誰も苦労はないでしょう。
分かってはいても、それでも手を出さざるを得ないことだってあります。

そもそも、きちんと返せる算段を立てた後ならば、借りることはそんなに悪な行動ではありません。
決して駄目人間などではないのです。
駄目なのは、返す算段が立たないまま、無計画なキャッシングをしてしまうことです。

計画性を持たずにしてしまうキャッシングは、なんらかの失敗を伴うことが多いです。
無計画にお金を借りてしまった場合、その代償として何かを失ってしまうことが非常に多いです。




返済計画を立ててからキャッシングを利用する

どうしてもキャッシングしなければならないとしたら、
「今借りたお金は、来月の給料と再来月のボーナスで完全に返せるな」
「ちょっと長引くけど、毎月2万円は確実に返済に回せるから、これ以上借りなければ完済は楽勝だ」

こんな感じで、常に『きちんと返せる』という算段を立てておかなければなりません。
自分のキャパシティ(許容範囲)を越えるようなキャッシングは、未来の自分を確実に苦しめることになります。

本来、キャッシングというのはその場を切り抜ける為・楽しく快適に過ごす為にするもの。
なのに、結果的に自分を苦しめてしまっては意味がないですよね?

あくまでキャッシングは未来の自分からの前借なので、多少は未来の自分にダメージがいくのは仕方ないですが、苦しむレベルにまでもっていってしまうのは愚の骨頂。

決してそうならないよう、自分の返済能力をしっかりと把握しておくことが大事です。




無計画なキャッシングを続けると・・・

未来の自分を苦しめる最終形とも言えるのが、自転車操業状態。
無計画なキャッシングを続けると、高確率でこの状態へ陥ります。

自転車操業とは、簡単に言ってしまうと、キャッシングを返すためにキャッシングをするという行為が慢性的に続いている状態のことを指します。

こうなってしまうともう終わり。
何も手を打たないままでいると、キャッシングはただただ膨れ上がっていくだけ。

抜け出せるとしたら、劇的に給料が上がるか、宝くじのようなもので一気に大金を手にするかくらいしかないでしょう。
しかし、考えたらわかるとおりそんなことは日常起こりません。
つまり、こうなった時点でそのキャッシングレースはもう終了なのです。

問題は、いざそうなってしまった時にどこで手仕舞いにするか。
多くの人は、「まだ返せるかも」という甘い考えを持ち続け、ズルズルとこの状態を引きずってしまいます。
しかし、それがより一層傷口を広げることになってしまうのです。

この状態になってしまったら、一刻も早く弁護士などに相談に行くべきです。
世間体を気にしたり恥ずかしがったりしてる場合ではありません。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ということわざがあるように、キャッシングの世界でも似たようなことが言えるのです。
しかもキャッシングの場合は、相談しないままだと「恥」だけでは終わりませんから・・・・

こういった状態に陥らないよう、キャッシングするならば計画性をもって、自分の返済能力をきっちりと把握しつつするようにしましょう。
スポンサーサイト

テーマ : ローン・キャッシング情報
ジャンル : ファイナンス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キャッシングマイスター

Author:キャッシングマイスター
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。