スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッシングで苦しまない為に心掛けること

キャッシングと上手く付き合い、無駄に悩まされることがないようにするには、いくつか心掛けるべきことがあります。
これを怠り、ただ漫然と借入をしていけば、かなりの確率でキャッシングに苦しめられることになりますので、是非とも気をつけるようにしてください。




金利の高いところには手を出さない

他のページでも書いていますが、金利の高いところには手を出さない。
やはりこれが一番重要です。

金利というのは、1円でも安くするに越したことはありません。
本来払う必要のない、何も生み出さないお金なのです。

金利は、必ず詳細に明示されているものですので、それをしっかりと確認し、0.1%でも金利が低いところを選ぶようにしましょう。




借入件数をなるべく増やさない

借入件数が増えるということは、それだけ借入できる総額も増えていくことが多いです。
ということは、必然的に借入総額も増えていくわけです。
それに、「いざとなればあそこからも借りれる」などという甘えを持ってしまったりして、無駄にキャッシングを重ねる原因にもなってしまいます。

さらには、いざ金利の低いところへ一本化・借り換えをしようとした時でも、他社借入が多いとなかなか審査に通りません。
自ら首を絞める結果となってしまうのです。

借入件数の多さは、いろいろな面でデメリットが生じるだけですので、なるべく借りるのは2,3社くらいに抑えておくのが理想的です。




間違った認識に負けない

キャッシングは、長いこと続けていると「ある錯覚」に陥ることが多々あります。
それは、「借入可能額 = 貯金」と思い込んでしまうことです。

長くキャッシングをした人ならば、誰でもこういう錯覚を味わったことがあるはずです。
私もキャッシングを体験したことはありますが、この感覚を持っていたことがありました。

しかし、この間違った認識をしている以上、キャッシングはなかなか減りません。
借入可能額はあくまで借入可能額であって、それ以上でも以下でもないのです。

ただ、この錯覚はなかなか消えません。
本当に手ごわいです。
私も経験したことですので、この錯覚がどれだけ厄介な存在かは充分に知っているつもりです。

そして、この錯覚はキャッシングがある間は絶対に消えません。
なので、消そうとするのはやめてください。
無駄な努力に終わります。

消そうとするのではなく、無理矢理抑え込むしかないのです。
この錯覚を消しさる為の唯一の方法、それは、実際に本当の貯金を作ることです。
これをすると、驚くほどあっさりと解決します。

なので、「完済し終わった後もこの錯覚に怯えなければいけないのか・・・」という不安は無用です。
貯金さえできてしまえば、いつの間にやら消えているはずです。




ヤミ金・違反業者からは借りない

いかなる場合でもヤミ金・違反業者からは借りてはいけません。

これは基本中の基本ですね。
当たり前すぎて、書こうかどうか迷ったくらいです。
しかし、万が一のことも考えて一応書いておきます。

借入件数や借入額が多くなってくると、まともなところでは借りられなくなってしまう。
仕方なく、ヤミ金融や無免許の違反業者などからお金を工面しようとする。

これは、何があってもやってはいけない手段です。
これをやるくらいなら、弁護士に高い報酬払って債務整理してもらう方が遥かに良いです。

ヤミ金融などから借りなければならないという状況は、人間の体で言えば「植物状態」と一緒なんですよ。
もう回復(=経済的回復・完済)の見込みがないのに、ただ延命の為だけにその場その場で必要な養分(=キャッシング)をかろうじて送り込んでいるだけなんです。

こんなの虚しいだけですよね?
何も解決できないし、何も生み出しませんよね?

それならば、早めに違う方法を模索すべきです。
何があろうと、こういった業者に手を出すのは避けましょう。
以上のことを守り、あとは必要以上の贅沢をせず、きっちりと仕事をしていれば、おのずとキャッシングとは上手く付き合えているはずです。




利用できる法律があれば利用する

お金が足りないからといって、選択肢はキャッシングだけではありません。
キャッシングを利用しなくても、何か法律でお金の面を回避できるなら、法律を利用したほうがいいでしょう。

もし、慢性的な経済的危機(低所得や長期入院など)にあり、節約してもお金が足りない状況であるならば、キャッシングではなく生活保護を検討してみてください。
ほかにも代表的なものを挙げると、急なリストラなどにあってしまったのなら失業手当を利用したり、現時点で借金に困っているのなら、任意整理や過払い請求を利用することで借金の負担を軽減させることが出来ます。

もちろん、このような法律を受けるには、ある一定の条件を満たす必要がありますが、条件を満たしているなら利用すべきです。
他にも、当サイトではいくつか法律に関しても、紹介していますので、是非参考にしてください。
スポンサーサイト

テーマ : ローン・キャッシング情報
ジャンル : ファイナンス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キャッシングマイスター

Author:キャッシングマイスター
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。